せんだいメディアテーク

 カーサブルータスでも特集がくまれていますが、2月には王立英国建築家協会が優れた建築家を毎年1人選んで表彰する2006年「ロイヤルゴールドメダル」を授与された伊東豊雄さん。
 同メダルは150年以上の歴史があり、建築界では米プリツカー賞に並ぶ世界的権威。日本人の受賞は丹下健三、磯崎新、安藤忠雄の各氏に次ぎ4人目。
 同協会のプリングル会長は「伊東氏は世界の建築家に刺激を与え、30年間にわたり建築界をリードしてきた」と業績をたたえた。
 伊東氏はこれまでベネチアビエンナーレ国際建築展の金獅子賞(2002年)などを受賞。代表作に、せんだいメディアテーク(仙台市)、風の塔(横浜市)、八代市立博物館(熊本県八代市)などがある。海外での建築も数多く手掛けている。

a0040942_9421598.jpg


建物の前にある通り。緑の木々が生い茂る。
a0040942_10281265.jpg


チューブは当初のスケッチで「海草のような柱」と書かれていました。
a0040942_11121735.jpg

a0040942_10494496.jpg


1階ロビーは開放的すぎて建物の中にいるのか分からないくらいでした。
a0040942_10525263.jpg
a0040942_1050278.jpg


階ごとに天井に付けられている照明や椅子などが用途に応じて変わっている。
a0040942_1032393.jpg
a0040942_10334748.jpg
a0040942_10371554.jpg


チューブから下の階を見たところ。
a0040942_11101357.jpg


ライトアップされたところ。階ごとに天井高を変えているのがよくわかる。
a0040942_11161364.jpg


せんだいメディアテーク
仙台市にある美術や映像文化の活動拠点。さまざまなメディアを通じて自由に情報交換ができる公共施設。
 建築としては四角い箱に13本のチューブと呼ばれる柱をスパイラルを描くように上から差し込まれたようなイメージで、幾何学と有機的なチューブを組み合わせたところに最大の特徴がある。とても画期的な構造になっていました。
 伊東さんはせんだいメディアテークのことを「公園の中または森の中にいるような建築」と言っていて、これを成り立たせるためにチューブというものを取り入れたそうです。

 昨年9月に青春18きっぷを使い行ってきたんですが、思っていた以上に時間がかかってしまいました。そんな中でもとても見たかった建築だったのでどんな感じなんだろうと思う期待でいっぱいでした。
 泊まる所が見つからなかったのでマンガ喫茶で一晩過ごしました。最近のマンガ喫茶はなんでもありけっこう楽しめたので、こういう時は便利かもしれないです。


にほんの建築家伊東豊雄・観察記
a0040942_1245874.jpg


















せんだいメディアテーク
a0040942_9431725.gif
[PR]
Commented by CHINATSU at 2006-03-12 23:48 x
こんばんは。
早速遊びに来てみました!!
デザイン&建築情報が盛りだくさんなブログですね。
これからも宜しくお願いします。

“せんだいメディアテーク”は行って見たい場所の一つです。
Commented by onora123 at 2006-03-13 00:08 x
こんばんは。
これからの季節はあたたかくなるんでどこに行くにもいいですよね。
こちらこそよろしくお願いします。せんだいメディアテーク是非行ってみて下さい。おすすめはライトアップした時です、昼間とはまた違った見方ができると思います。
by onora123 | 2006-03-09 12:15 | Architecture | Comments(2)

Today is the first day of the rest of your life
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31